ラーメンたべあるき

更新日:2016/05/02

ラーメン本の出版ラッシュも最近一段落した感がありますが、まだまだ人気ラーメン店の行列は無くならないようです。私が行ったことのあるラーメン屋のうち、印象に残った店を挙げてみました。
(★:私が良く行く店)

中華ソバ煉虎 (大塚・帝京大学)
モノレール大塚・帝京大学駅そばにあります。以前はニューホープ軒でしたが、店が変わったようです。中華ソバと鶏白湯ソバの2種類のスープがあり、どちらも地鶏出汁のと鶏系スープです。麺は細麺で、結構量があります。駐車場は近くに8台分用意されています。

麺屋十王 (大塚・帝京大学)
モノレール大塚・帝京大学駅近くの野猿街道沿い、OKストアの向かいにあります。十王麺は魚介系のスープに中太ストレート麺で、魚介のコクが感じられます。他に、つけめんもおすすめです。

ポパイ (大塚・帝京大学)
モノレール大塚・帝京大学駅近くの、野猿街道沿い堰場交差点付近にあります。ここはラーメンレストランという名前がついており、中華料理の店です。ラーメンもメニューにありますが、五目ソバやもやしソバなどの中華メニューがおすすめです。駐車場があり、家族連れに人気の店です。

口楽 (京王堀之内)
京王堀之内駅から北上し野猿街道沿いに進み、野猿峠方面に折れ曲がる三叉路の手前にあります。魚介の味が効いた濃厚スープと太麺のとりあわせで、極太麺が少し混じっているのが特徴的です。ラーメンの他につけめんもおすすめです。通りを少し進んだところに4台駐車場があります。

麺や花火 (京王堀之内)
京王堀之内駅から北上し野猿街道沿いに進んだ、ココスの手前にあります。博多ラーメンの店で、店内は花火をあしらった夏祭り風。種類の異なるとんこつスープをブレンドした三段熟成スープで、こくが感じられ美味しいです。紅ショウガと辛子高菜が無料でトッピングできます。

味の天徳 (京王堀之内)
京王堀之内駅の北方面のパチンコ屋のある細い通り沿いにあります。油そばがメインの店で、それ以外のラーメンなどのメニューもありますが、やはりおすすめは油そばです。駐車場はありませんが、近くの三和堀之内店に一時間以内であれば無料で停められるという裏ワザがあります。

たまぞう (南大沢)
野猿街道沿い下柚木にぐるぐる大帝国というリサイクルショップがありあすが、その向かいにオープンした店です。看板に半チャンラーメンと名前がついているだけあり、半チャーハンとのセットがお得です。ラーメンは濃い色の醤油スープですが、見た目ほど辛くはありません。太くて長いシナチクがトッピングされているのが特徴的です。

青葉 (相模原)
JR相模原駅の南方、清新三丁目交差点付近はラーメン店が立ち並ぶ激戦区になっていますが、その一角にあります。ラーメンとつけ麺が基本で、魚介系ととんこつのWスープに太目のちぢれ麺。食べ始めるとスープのコクが口に広がりますが意外とあっさりしており、あっという間に食べられます。向かいのタイムズ駐車場は割引がききます。

武蔵野餃子房 (京王堀之内)
京王堀之内駅から南方面1kmほどに、ぐりーんうぉーく多摩というショッピングモールがあり、モール内で営業しています。基本の武蔵野ラーメンは醤油スープで、あっさりした味です。他に野菜ラーメン、海老ワンタン麺などがとりそろっています。

中華そば 一信 (京王堀之内)
京王堀之内駅の北方面、南八幡宮のそばにあります。スープは和節醤油と鯛出汁塩の2種類があり、ストレート麺です。和節醤油はあっさりしていて、素材のうまみが感じられます。器も凝っていて、斜めにカットしているような独特の形をしています。

九州じゃんがららあめん (秋葉原)
秋葉原のマルツパーツ館本店の近くにあります。九州系のとんこつラーメンで、じゃんがらは東京風のあっさりしたとんこつ、ぼんしゃんは博多風のこってりしたとんこつです。トッピング全部入りは、角煮・明太子・味玉・きくらげ、チャーシュー・メンマ・ねぎがトッピングされ色々な味が楽しめます。

町田商店 (町田)
小田急線町田駅東口を出て左手に進み踏切を渡り、町田街道を少し行った左手にあります。家系ラーメンの店で、スープが濃厚なのが特徴です。今まで食べた家系の中では一番おいしい部類に入ります。テーブルには刻み玉ねぎ、キュウリの漬物、刻みショウガ、おろしニンニク、豆板醤が用意されています。店員はとても元気が良い(良すぎる?)です。

福籠 (浅草橋)
「ふくろう」と読みます。JR浅草橋駅を出て江戸通りを渡り、さらに一本奥の路地を右手方向に進んだ右手側にあります。一番のおすすめは味噌ラーメンということで、食べてみました。すみれの系列のようで、熱々でにんにくの香りが利いているスープに、中太ちぢれ麺で絶品です。チャーシューの上には生姜が乗っており、味の変化が楽しめます。昼食時はライスまたは大盛りが無料ですが、ライスに沢庵がついているところがうれしいです。

ろく月 (浅草橋)
JR浅草橋駅を出て江戸通りを右手方向に進み、最初の信号がある交差点を左折し、右手方向3つ目の路地を入ったところにあります。豚骨ラーメンですが、無化調を謳っています。カウンターに置いてある口上通り豚骨の臭みがなく、こだわりを感じるラーメンでした。

あぶらー亭 (京王堀之内)
京王堀之内から野猿街道を中央大学方面に進み、道路左側、ピンクの豚のあるとんかつやの隣にあります。ここは以前辛しやという油そばの店で、内装はそのままで辛しやの提灯がかかっていますが、看板があぶらー亭になっています。最初店の名前が変わっただけと思いましたが、メニューは油そばの名前があぶらー麺となっており、チェーン店らしくどうやら辛しやとは別の店のようです。ラーメンは少し魚介の香りがするあっさりした味でした。今度油そばも食べてみたいと思います。

潮 (淡路町/小川町)
東京メトロ丸ノ内線淡路町駅/都営地下鉄新宿線小川町駅A3出口を出て、靖国通りを新宿方面に向かったすぐの交差点を右に曲がり、外堀通りを秋葉原方面に進んだ先にあります。醤油スープの黒と鶏白湯スープの白があり、鶏白湯の方をいただきました。中細麺に肉巻きアスパラとポーチドエッグなどがトッピングされています。鶏白湯スープはクリーミーで濃厚な味で、2013年TRY賞受賞もうなずけます。同じ値段で大盛りができ、白の大盛りを頼んでいる客が多かったです。

東京老拉麺 (新宿)
新宿駅西口地下京王モールにあります。以前、光麺というトッピングが白ねぎのみのシンプルなラーメンは食べたことがありますが、今回は担々麺を食べてみました。細麺がスープによくからみ、赤坂離宮プロデュースだけあって大変おいしいです。他にも酸辣湯麺などメニューが豊富ですので、色々食べてみようと思います。

欽福 (両国)
JR両国駅西口を出て大通りを渡り、大通りの一本先の道を左手方向に進み、京葉道路との交差点へ行く途中にあります。醤油スープに太麺で、二郎インスパイア系のようなラーメンですが、もやしたっぷりで二郎よりヘルシーな印象です。並ラーメンで300g使っているとのこと。もやしの量は一見多いようですが食べてみるといつの間にか完食です。

大勝軒 (東日本橋)
東日本橋駅を地上に出て浅草橋方面に大通りを進み、ドミノピザのある角を左に曲がったところにあります。大勝軒といっても、池袋系や永福系のいわゆる大勝軒ではなく、そういう名前の店です。店の見た目はとて年期が入っていて、なんと大正12年創業!中に入ると座敷とテーブルがあります。メニューはラーメン系と焼きソバ系、チャーハン、丼ものがあり、サンマー麺(肉やさい炒めそば)をいただきました。生姜が利いていてすっきりした味でした。

らーめん極壱 (京王堀之内)
京王堀之内から多摩ニュータウン通りを南大沢方面に800mほど進んだ、自転車あさひの向いにあります。ここは以前麺くい亭という八王子ラーメンの店がありましたが、最近この店に変わりました。家系のような豚骨ベースの中太麺ですが、スープは濃厚でどろっとしており、豚骨のうまみがよく感じられます。スープの種類は豚骨醤油の他に豚骨味噌、海老味噌などがあります。家から近いので、またちょくちょく来たいと思います。

三ツ矢製麺 (京王堀之内)
京王堀之内のぐりーんうぉーく多摩(ショッピングモール)内にある、つけめんの店。大盛りまで値段が同じです。麺は熱もり・ぬめり落とし(常温)・冷もり・氷締めを選択できます。スープは柚子が少し入っているようで、酸味も少し感じられます。麺はもっちりしていて、スープによく合います。食後はテーブルにあるポットでスープ割りができます。

麺やそら 曇天 (東日本橋)
都営浅草線東日本橋駅を地上に出た大通りを南方面へ進み、豊洲橋通りに突き当たった東日本橋交差点にあります。らーめんとつけめんがあり、らーめんは豚骨ベースで醤油と塩がありますが、並盛も中盛も値段は一緒です。テーブルに鯖節・鰹節・鰯節の粉が置いてあり、スープの味の変化が楽しめます。

英 (東日本橋)
店名は「はなぶさ」と読みます。都営浅草線東日本橋駅近く、薬研堀不動尊のはす向かいにあります。ちょっとしゃれた店内で、「麺画廊」を標榜しているとのこと。メニュー(作品)は醤油味の「和」と鶏白湯の「光」がメインで、限定メニューもあります。限定お茶漬けもメニューにあり、残りのスープをご飯にかけてお茶漬けにしていただきます。店員さんの接客の感じが良いです。

麺でる (南大沢)
最近オープンした、二郎インスパイア系の店。南大沢駅から歩くと1km以上ありますが、南大沢交差点(デニーズ・エネオス・セブン角)を南方面へ200mほど行ったところです。二郎と同じような太麺・背脂ラーメンで、にんにく・野菜増し・背脂多め・味濃いめ・魚紛・刻み玉ねぎのトッピングが無料で追加できます。味は本家二郎と変わらない印象でした。

らーめんまる玉 (両国)
JR両国駅西口を出て大通りを渡り、大通りの一本先の道を左手方向に進んだ、京葉道路との交差点の角にあります。鶏白湯スープの店で、基本のまる玉らーめんに、あおさ入りや生からし入りなどのメニューがあります。鶏白湯スープはクリーミーでこくがあり、いつも行列ができているのもうなずけます。麺は細麺でスープによく合います。

蒙古タンメン中本 (町田)
以前から一度行ってみたかった店ですが、町田にあったので行ってみました。小田急線町田駅東口を出て左手に進み踏切を渡り、町田街道を少し行ったところにあります。蒙古タンメンは、辛みそスープのタンメンに麻婆豆腐がのっているもので結構辛いですが、さすが有名店だけあってやみつきになる味です。これで辛さレベル5なので、もっと辛いメニューはどれだけ辛いのか食べてみたくなります。

でくの坊 (町田)
小田急線町田駅東口を出て左手に進み踏切を渡り、渡ったすぐの左斜めに入る細い道を200mほど進んだところにあります。ここのメインは東京風の醤油ラーメンで、醤油味のスープにちぢれ麺というシンプルなものですが、あっさりしているがこくがあり、ほっとする味です。チャーシューも柔らかくなかなかなものです。

松虎亭 (溝の口)
盛岡ラーメンの店。東急田園都市線溝の口駅を出て、大通りを渡り田園都市線の北側線路沿いにあります。盛岡醤油老麺はたまり醤油を使った黒っぽい色のスープですが、意外とあっさりしてています。ランチタイムは値段そのままで大盛り、小ライス付き、杏仁豆腐付きのサービスが選べます。

まっち棒 (溝の口)
有名な和歌山ラーメンの店。東急田園都市線溝の口駅南口から階段を下りて右に2回曲がったところにあります。濃厚なとんこつに強めに醤油をきかせたスープに細麺、かまぼこ、チャーシューのトッピング。とんこつ臭はありますが、そこが和歌山ラーメンのうまさです。ランチタイムには餃子3個が100円になったりライスが無料でついたりしますが、ラーメンに半ライスぐらいで量としてはちょうどいいです。

哲麺 (大塚・帝京大学) <閉店>
多摩モノレール大塚・帝京大学駅から野猿街道を京王堀之内方面へ500mほど進むとサークルKの手前にあります。ここは以前ラーメン来多郎峰というラーメン屋でしたが、2012年の1月にこの店に変わったようです。正式名称は哲麺 34代目八王子野猿街道店とのこと。マー油が入ったとんこつ醤油スープに細麺という熊本ラーメンです。スープがマイルドで食べやすく、あまりにもおいしかったのでつい替え玉を頼んでしまいました。替え玉50円なので頼みやすいです。

煮干しそば 虚空 (京王堀之内)
堀之内駅から多摩ニュータウン通りに出て多摩センター方面へ進み、道路右側業務スーパーの手前にあります。ここは以前峰来軒というラーメン屋でしたが、2011年の11月にこの店に変わったようです。ここの売りは煮干そばなのですが、午後2時以降限定という濃厚ニボつけ麺を食べてみました。太めの縮れ麺に、煮干しとにんにく風味の濃厚なつけたれで、意外とまろやかです。昼は結構行列ができるみたいですが、今度は煮干そばを食べてみたいです。

大和家 松木店 (京王堀之内)
堀之内駅から多摩ニュータウン通りに出て多摩センター方面へ進み、道路右側業務スーパーの手前にあります。ここは以前一休というラーメン屋でしたが、2012年の1月にこの店に変わりました。横浜家系ですがスープは普通の家系よりもクリーミーです。醤油と塩がありますが、塩の方がおいしいような気がします。通常の具のラーメンの他に、631ラーメンといって海苔6枚、チャーシュー3枚、玉子1個のメニューもあります。

らーめん大紅 (京王堀之内)
多摩ニュータウン通り沿い松が谷トンネルの近く、にんにくやから少し多摩センター方面に行ったところの、松が谷トンネル西交差点角にあります。以前この場所は大橋家というそば屋でした。醤油、塩、味噌ととりそろっており、醤油ラーメンを頼みました。一見普通の東京ラーメンですが、麺は少し平たい縮れ麺で、もっちりしてなかかかいけいます。餃子が意外とおいしかったです。駐車場は多摩ニュータウン通りを渡って細い道を少し行った右手の、月極駐車場のようなところに2台あります。(らーめん大紅と書いてある)

もっちり、つけめん しゃりん (南大沢) <閉店>
fab南大沢にできた、つけ麺専門の店。六厘舎の新業態の店のようです。つけめんを注文する前に、はなまるうどんのようにトッピングを取るゾーンを通過します。メンマ盛り、天ぷら、おむすび、味玉などが選べます。また、つけめんはあっさりの他に+50円で濃い仕立ても選べます。ますは、あっさりでつけめんだけを注文。豚骨と魚介系の味がマッチしており、ちょうどいい味のバランスです。今度は濃い仕立てを注文してみたいですが、つけカリーも捨てがたいです。

天水らーめん (小村井)
東武亀戸線小村井駅改札を出て右に曲がり、明治通りを350mほど亀戸方面に進んだ右側にあります。つけめんが人気メニューのようなので注文。醤油味のスープに背脂と岩のりと刻みねぎと魚粉が入っています。麺は、太めの縮れ麺。背脂が入っている割にはさっぱりして、でもコクがありおいしかったです。名古屋コーチンの味玉が別注文であるようなので、今度はつけてみようと思います。

中華そば坂本 (新横浜) <閉店>
新横浜ラーメン博物館内にある、笠岡ラーメンの店。笠岡は岡山にあります。細麺に、醤油の濃い色がついた鶏ガラスープ。細麺と醤油が意外に合います。チャーシューも鶏肉で、歯ごたえがあります。おいしいと思うのですが、他店より人が少ないのは不思議です。期間限定店なので、早めに行った方がいいと思います。

太楼ラーメン (押上)
「たろうらーめん」と読みます。京成線・半蔵門線押上駅から曳舟方面に線路の南側沿いを少し行ったところにあります。基本の太楼ラーメンはちぢれ麺の醤油ラーメンですが、具がひき肉・豆もやし・わかめとユニークです。特に豆もやしの食感が素敵ですが、麺もとてもおいしいです。お店の雰囲気がいいので、また行きたくなります。

青葉 (北千住)
北千住丸井の9Fにあります。ラーメンとつけ麺が基本で、魚介系ととんこつのWスープに太目のちぢれ麺。Wスープはあっさりしていて、量の割にはあっという間に食べられます。本店が中野の有名店ですが、こんなところで食べられるとは思っていませんでした。

仁楽 (谷保)
南武線谷保駅北口から、国立駅方面に少し進んだ道路左沿いにあります。ここはとんこつ、醤油、とんこつ醤油、さらにつけ麺とラーメンが組み合わさり、トッピングをあわせるとメニューの種類が多いです。私はねぎ醤油、もう一人はねぎとんこつにしましたが、とんこつ(細麺)と醤油(平太麺)で麺の種類を変えています。私が食べたねぎ醤油は、大盛のねぎにこくのある鶏スープ、きしめんのような平太麺のとりあわせで、おいしかったです。

つけめん 勝 (東向島)
東武伊勢崎線東向島駅を出て、右側の線路沿いを鐘ヶ淵方面に進み、いろは通りにぶつかる手前にあります。ここのつけめんは、縮れた太麺で茹で時間に8分かかります。つけ汁は超濃厚で豚骨と魚介系をあわせたものです。麺が太いのでこれだけ濃厚なつけ汁が合い、こってりしておいしいです。
<追記>油そばもなかなかいけます。

九州らーめん万祝錦 (北千住)
「ばんしょうにしき」と読みます。北千住駅ビルLUMINEの2Fにありますが、わかりにくいところ(ベデスタルデッキに出て天丼てんやの奥へすすんだところ)にあるので注意。久留米ラーメンの店で、スープはとんこつなのに臭みが全くなく、それなのにこってりしています。基本のラーメンを食べましたが、チャーシューもおいしかったです。今度は、赤めん辛味も食べてみたいです。

ラーメンぼくいち (鐘ヶ淵) <閉店>
東武伊勢崎線鐘ヶ淵駅西口から西方面に進み(駅から放射状の道になっているので、交番の左方面の道の方を進む)、とにかく大通りに出るまで進み、大通り(墨堤通り)につきあたったら左に大通り沿いに進んだところにあります。ここは、以前ラーメンショップでしたが、久しぶりにネギラーメンを食べようと行ってみたらこの店に変わっていました。基本(?)のぼくいちラーメンは醤油ベースのスープに背脂が入っているものです。つい最近できたばかりで、Webにものっていないようです。
<追記>2回目に塩ラーメンをたのんだところ、こちらの方がおいしかったです。味噌ラーメンと塩ラーメンが人気メニューのようです。

純連 (高田馬場)
JR高田馬場駅から、西方面に5分ほど進むと右側にある、札幌ラーメンの有名店。当日寒かったかもしれませんが、結構な行列ができていました。みそラーメンを食べましたが、味はやはりすみれと同じようにおいしく、ラードの膜ができたアツアツのこってりスープにちぢれ麺。やはり並んでも食べたいだけのことはあります。

一風堂 (明大前)
京王線明大前駅から、北方面に明治大学方向に少し進むと右側にある、博多ラーメンの有名店。(入口が道路より少し下っているので、わかりにくいです。) 白丸元味を食べている人が多く、私もそれにしましたが、スープは全く豚骨の臭みがなく、クリーミーでおいしいです。今度行く時は赤丸かさね味も食べてみたいです。

ラーメン丸仙 (武蔵小杉)
東急東横線武蔵小杉駅の南口から、法政通り商店街を5分ほど南に行ったところにあります。黄色い看板が目印。基本の志那そばは、しょうゆ味の東京風ラーメンですが、スープにこくがあり、細めんにも味わいがあります。いつもは淡々と店の印象を書くのですが、ここの感想については一言「うまい!」です。

桂花 (立川) <閉店>
立川南口アレアレア2の3Fラーメンスクエアにある、熊本ラーメンの店。本店が熊本にある有名店です。スープはマー油がたっぷりかかっていますが、とんこつなのにあっさりしています。麺は固めでコシのある細めんです。基本の桂花ラーメンは煮玉子・茎わかめもトッピングされており、マー油のスープにマッチしています。

札幌 らーめんの駅 (新横浜) <閉店>
新横浜ラーメン博物館内にある、札幌ラーメンの店。かつてラーメン博物館に店を出していた、かの「すみれ」およびかの有名な「純連」の創業者の店です。となれば、あの濃厚なすみれの味噌ラーメンがまた食べられるとの期待で、味噌ラーメンを食べてみました。麺は固めの縮れ麺で、スープは少し塩辛めですがすみれほど油がこってりしてはいませんでした。すみれと同じ味ではありませんでしたが、ニンニクの風味が効いていて、これはこれでおいしかったです。

牛乳屋食堂 (新横浜) <閉店>
新横浜ラーメン博物館内にある、喜多方ラーメンの店。麺は極太麺と中太麺の2種類があり、私は基本の中太麺のラーメンを食べました。一見、普通のラーメン屋の醤油ラーメンですが、もちもちした縮れ麺にすこし魚介の風味があるスープがおいしかったです。今度は極太麺を食べようと思いますが、カツ丼とセットで食べるのもいいかなと思います。

ラーメンaa (鐘ヶ淵)
ラーメン「みんみん」とよびます。東武伊勢崎線鐘ヶ淵駅西口から西方面に進み(駅から放射状の道になっているので、交番の左方面の道の方を進む)、とにかく大通りに出るまで進み、大通り(墨堤通り)につきあたったら左に大通り沿いに進み、ラーメンショップの先をさらに進み、少し行ったところにあります。私はラーメンを注文しましたが、細めの麺にとろとろのチャーシューが絶品でした。ただし、スープの脂は多く、少し酸味のある変わった味です。ここのおすすめはパイコーメン(昼メニューのみ)らしく、スープの量もそれを基準に多めになっていました。今度はパイコーメンを食べてみたいです。

春夏冬 正 (東府中)
「あきない まさ」とよびます。京王線東府中駅北口の大通りを北方面に進み、東府中交差点から国道20号を西方面に少し行ったところにあります。ここはつけめんがおすすめです。つけめんの麺には刻みのりがかかっており、たれもあっさりとしていて、ざるそばのような感覚ですが、このあっさり感が何回でも来たくなる味の秘密なのだろうと思います。

麺屋 侍 (立川) <閉店>
立川南口アレアレア2の3Fラーメンスクエアにあります。第三回ラーメントライアウト優勝店です。基本メニューの九州極味を食べてみました。九州極味って何かというと、九州にあるご当地ラーメンを融合して作り上げたとのことです。スープはとんこつベースですが、すごくクリーミーで豚骨臭さが全くありません。麺は博多ラーメンのような細麺で、麺の固さを選ぶことができます。かためを選びましたが、クリーミーなスープとよく合っていました。

高根家 (北野)
京王線北野駅から野猿街道を南方向にのぼった、絹ヶ丘2丁目交差点あたりにあります。ここは屋号からもわかるように家系で、とんこつしょうゆスープに太麺、海苔3枚、チャーシュー、ホウレン草という家系スタンダードといえる組み合わせですが、麺は少し平たい感じです。スープは最初少し塩辛く感じましたが、とんこつのうまみが出た独特の味で、あとからおいしさが感じられます。結構トラックの人も来ていました。食券で普通盛り、大盛りの他に、中盛り(1.5玉)も選べます。

らぁ麺ラットリア (立川) <閉店>
立川南口アレアレア2の3Fラーメンスクエアにあります。イタリア料理とラーメンの新業態ということで、イタリアデュラムセモリナ粉を使ったイタリア料理風ラーメンも売りのひとつですが、今回はもうひとつの売りである佐野氏直伝?の支那そばを食べました。名古屋コーチンを使ったスープは最初濃い目に感じられるのですが鶏の味わいがあります。国産小麦使用の細麺は普通の麺と違い、大変おいしいです。今度はイタリア麺も食べてみたいです。

ラーメン専門 しょうしょう (京王堀之内)
京王堀之内から野猿街道を中央大学方面に進み、少し行ったところの道路右側にあります。ここが開店する前は、この場所は千人同心があったところです。千人同心もそうでしたが、ここは刻み玉ねぎがのった八王子系。麺がちぢれていて、少し魚介系の香りがするスープによくからみます。駐車場は20〜30m離れたところにありますが、停めやすいです。

九州大牟田とんこつラーメン きらら (橋本) <閉店>
JR橋本駅ビルのミウィ橋本1FにラーメンオールスターズがOPENしました。これは全国の有名店が期間限定で出店するもので、第一弾としてきららが2/8より出店しています(きららは2008年3/7までの期間限定)。 白柳ばりこて味玉らーめんに替え玉をつけました。基本の白柳らーめんはそんなにしつこくないのでしょうが、「ばりこて」というだけあって結構こってりしていました。あつあつの麺がおいしかったです。店が月替わりのようなので、また行ってみようと思います。

辛しや (京王堀之内) <閉店>
京王堀之内から野猿街道を中央大学方面に進み、道路左側、ピンクの豚のあるとんかつやの隣にあります。ここは昔、タイヨウラーメンがあったところです。(店脇の駐車場にはまだタイヨウラーメンと書いてあり、もちろんそこに止めてOKです。) ここの売りは、油そばのようにスープの無い「辛し麺」。油そばのように酢やラー油をかけてかき混ぜて食べます。太ちぢれ麺がタレによくからんで、おいしいです。

龍上海 (新横浜)
新横浜ラーメン博物館内にある、山形ラーメンの店。ここのおすすめは、赤湯からみそラーメン。煮干風味の効いた味噌スープに辛みそが乗っており、好きな量を溶かして食べます。なんといってももちもちした縮れ麺がおいしいです。からみそは非常に辛いので、いきなり全部溶かさず、少しづつ溶かして様子を見ながら食べましょう。

ふくちゃんラーメン (新横浜) <閉店>
新横浜ラーメン博物館内にある、博多ラーメンの店。チェーン店のふくちゃんとは違う店です。店内はとんこつの匂い(香り?)がしますが、ラーメンを食べるとそれほど臭くなく食べやすいです。でも、しっかりととんこつにコクが合わさったスープとなっており、ついついスープを全部飲んでしまいます。テーブルににんにくクラシャーがあり、好きなだけ入れられます。

蜂屋 (新横浜) <閉店>
新横浜ラーメン博物館内にある、旭川ラーメンの店。ちょうど「60周年復刻ラーメン」をやっていたので食べてみました。旭川ラーメンらしい魚介が強く効いた味ではなかったものの、鯛の味がほんのりして食べやすくておいしく、限定にするのがもったいないです。

九州らーめん亀王 (新大阪/西中島南方)
新大阪から地下鉄御堂筋線に乗り梅田方面に1つ乗った西中島南方にあります。「きおう」と読みます。(「かめおうらーめん下さい」などと注文すると恥ずかしい。) ここのおすすめは創業からのこだわりという塩とんこつで、こってりしているようでしつこくなく、それでいて味わい深いおいしさです。

わからん 和華蘭 (大塚・帝京大学/京王堀之内) <閉店>
京王堀之内と大塚・帝京大学駅の間、野猿街道の中央大学入口交差点にあります。ここは昔、がんこ家という家系?ラーメン店があったところです。和華蘭は、京王堀之内のドンキホーテ前にもありましたが、ここへ移転したのでしょうか? 醤油味の黒豚ラーメンに半玉を注文。ここは太麺と細麺が選べ、太麺にしてみました。どこか魚介系の香りがする濃い目の醤油スープが独特の味を出しています。太麺は、しこしこと腰のある、まるでさぬきうどんのような食感です。立地条件には恵まれていませんが、なかなかあなどれない味です。

麺や 優 (立川) <閉店>
立川南口アレアレア2の3Fラーメンスクエアに、2007年4月にできた新店。。第ニ回ラーメントライアウト優勝店です。ここのおすすめの特製塩ラーメンを食べてみました。魚介系が少し効いたこくのあるスープに、平打ち麺で、うならせる味です。味玉は半熟で、これがまたおいしいです。

凪 (立川) <閉店>
立川南口アレアレア2の3Fラーメンスクエアにある、博多ラーメンの店。第一回ラーメントライアウト優勝店です。以前は赤と黒などあったようですが、リニュアル後はメニューが変わりました。豚骨ラーメンを食べましたが、濃厚でいて豚骨臭くないスープと味わいのある細麺が絶品でした。

けやき(欅) (新横浜) <閉店>
新横浜ラーメン博物館内にある、札幌ラーメンの店。ここは、以前すみれがあった場所です。おすすめはやはり味噌ラーメンで、こくのあるスープにちぢれ麺、色々な野菜のトッピングで食べ応えがあります。すこし辛味があり、それが食欲をそそります。

でびっと立川 (立川) <閉店>
立川南口アレアレア2の3Fラーメンスクエアに、2007年4月にできた新店。かのデビット伊東氏の店です。スープは豚骨醤油と鶏がら塩があり、鶏塩の方をいただきました。コクのあるスープと細麺で、レベル高いですおいしかったです。ラーメンスクエアはこのごろ入れ替えが激しく、最初からある店は2店にのみになってしまいましたが、行く度に新しい味に出会えるのもいいかなと思います。

麺屋 空海 (聖蹟桜ヶ丘)
京王線聖蹟桜ヶ丘駅の、聖跡桜ヶ丘ショッピングセンターB館8Fレストラン街にあります。おすすめは、塩味の味玉そば。あっさりとこってりが選べ、私はこってりをたのんだのですが、揚げニンニクが入っているようです。とろとろの味玉がおいしく、おすすめというだけあります。その他、つけ麺もあり、こちらは平麺になります。

弘富 (八王子)
八王子北口を出て右に進み、線路沿いの道を東京方面にどんどん歩いて行くと、三叉路交差点に着く手前にあります。場所が八王子なだけに、ここもやはり八王子系ですが、普通の八王子系と違い、煮干ダシの効いた魚介系のスープです。八王子系特有の刻み玉ねぎと魚介系のスープがあいまって、とてもおいしいです。こじんまりとした雰囲気が良く、また来たくなりました。

こむらさき (新横浜)
新横浜ラーメン博物館内にある、熊本ラーメンの店。熊本ラーメンは、とんこつでもあっさり系が多いですが、ここは特にあっさりしているのにしっかりコクがあります。熊本ラーメンに欠かせないニンニクチップが特に味を引き締め、何ともいえないおいしさです。具に、あまり他の店では見かけない細モヤシが入っています。

名代らーめん三代目玉家 (両国)
両国駅南側ガード下にあります。おすすめは玉家らーめんで、醤油ラーメンに具(角煮、ねぎ、温泉玉子、メンマ、ノリ、その他)がたくさんのっています。

ラーメン ぼたん (新横浜)
新横浜駅からラーメン博物館に向かう途中の道の、スタバがある角を右に曲がったところにあります。ここの看板メニューと思われる、ぼたん麺はオーソドックスな醤油スープに焼きネギがのっていて、麺は平たい中太めんです。ラーメン博物館に入らずとも、ここでもおいしいラーメンが食べられます。店員のおねえさんが好感もてます。

白樺山荘 (立川) <閉店>
立川南口アレアレア2の3Fラーメンスクエアに、2006年4月に新店が2店オープンしましたが、この白樺山荘がその1つです。ここはすみれインスパイア系と呼ばれるだけあって、看板メニューの味噌ラーメンはすみれのようなこってりした味噌味を味わうことができます。コショウが効いているせいか、すみれよりちょっと辛めのような気もしますが、これはこれでおいしいです。

横濱ハイハイ楼 (新横浜)
新横浜駅からラーメン博物館に向かう途中の、歩道橋を降りた左手にあります。細めんの一般的な豚骨ラーメンですが、スープはあっさりしています。オーソドックスな豚骨のハイロウ麺、豚骨味噌味のハマミソ麺、ピリ辛味のハイカラ麺など、名前がユニークです。

おちゃらん屋 (JR大阪)
JR大阪駅前バスターミナル2Fにあります。豚骨ベースの白濁スープが主体で、塩ラーメンの種類が多いです。イタリアのシシリー島の岩塩を使っているという、天塩(てしお)ラーメンを食べてみました。塩とんこつスープに、玉油が浮かんでおり、何と表現したら分からないのですが「おいしい」スープです。チャーシューはこってり(ばら肉)とあっさり(もも肉)が選べます。また、2種類のキムチとメンマが取り放題で置いてあり、ライスをたのんでキムチをおかずにするという食べ方もできます。

あってり麺東京 (立川) <閉店>
立川南口アレアレア2の3Fラーメンスクエアに、この2006年4月に新店が2店オープンしました。その1つ、「あってり麺東京」は、軽井沢の「軽井沢創作料理ロコ」の支店です。2006年2月に行なわれたラーメントライアウトで優勝し、ラーメンスクエア既存店と入れ替えになりました。基本のあってり麺は、醤油ベースですがどことなく豚骨や魚介系の風味がするスープに、細麺のとりあわせ。確かに、言われてみれば「あってり麺」の由来通り、あっさりしているようでこってりしている味です。

一蘭 (立川)
立川南口、グランデュオの南東に、福岡に本店がある有名な博多ラーメンの店がオープンしました。ここは、独自のシステム(間仕切りのある席、オーダー用紙による味の調整など)をとっています。唐辛子ベースの秘伝のたれが入った豚骨ラーメンですが、豚骨臭さが全くなく、それでいてこくのあるスープです。秘伝のたれは量が調整できますが、1/2にしても結構辛めでした。スープの量は、替え玉を前提に多めになっており、大体の客が替え玉をたのんでいました。

ホットナンバン (立川)
立川南口、モノレール立川南駅の西側にある、長崎ちゃんぽんの店。ちゃんぽんは量がけっこう多いですが、スープがこくがある割にくどくないので、スープも全部完食できます。半数ぐらいの客がたのんでいるのが、明太子がたっぷり入っためんたいちゃんぽん。私もたのんだのですが、食べているうちに明太子の味がスープの印象をだんだん変えてくれます。入るとカウンター席が7席ぐらいしかなく、一瞬あれっと思いますが、2階席もあるので心配なく。

宝華らぁめん (立川)
立川南口、モノレール立川南駅のすぐ西側にあります。東小金井にある、油そばで有名な宝華の暖簾分けの店で、ここのおすすめはやはり油そば。(東小金井店では宝そばと呼ばれていますが。) 他の店の油そばと違い、鶏がらベースで意外とあっさりしており、変なたとえですがおいしい卵かけご飯を食べているようです。なぜかもう一度食べてみたくなるような、やみつきになる味です。

麺処 ZERO (立川)★
立川北口伊勢丹と高島屋の間の道の、伊勢丹側沿いにあります。(地下にあるので、入口が少し分かりにくい。) スープは、今流行りのとんこつと魚介系のダブルスープですが、どちらかというと魚介の風味が強いです。麺は、固めの細麺。味玉ラーメンを食べましたが、とろりとした半熟の味玉がおいしかったです。ここは、つけめん、カレーつけめんもメニューにあります。

我流風 (立川) <閉店>
立川南口アレアレア2の3Fラーメンスクエアにある、鹿児島ラーメンの店。「がるふ」と読みます。焦がしネギの入った、香ばしい豚骨スープに、ストレート中太麺。豚骨ですが、スープ自体はあっさりしています。ここの売りは口の中でとろける豚とろ肉で、これをあぶった豚とろ炙り焼きラーメンが看板メニューです。この店がラストで、北から南の順番でラーメンスクエア一巡です。

山形ラーメン天童 (多摩センター)
名前の通り、山形ラーメンの店。最初は稲城にあったのですが、多摩市の永山近くの多摩ニュータウン通り沿いに移転した後、現在の場所(ピューロランドの裏、京王線高架そば)に移転しました。基本の天童中華そばは、魚介をベースとした醤油味のスープに、もちもちした縮れ麺。それほど魚介の味は強くありませんが、飽きが来ず何度でも食べたい味です。

好来 (立川) <閉店>
立川南口アレアレア2の3Fラーメンスクエアにある、熊本ラーメンの店。ハオライと読みます。黒らーめんが売りで、マー油がたっぷり入ったスープに固めの細麺のとりあわせ。見た目の黒さとは違い、意外とあっさりしていますが、それでもマー油の香ばしさが効いています。

風来軒 (立川) <閉店>
立川南口アレアレア2の3Fラーメンスクエアにある、宮崎ラーメンの店。基本はとんこつラーメンで、醤油が少し入り豚骨でどろっとしたこってりスープですが、豚骨の臭みはあまりありません。この独特のこってりスープが結構おいしいです。麺は固めの縮れ麺で、注文時に固さを聞いてくれます。

七志とんこつ編 (町田)
小田急町田駅南口を、出て左に進み、通りを右に曲がり、長崎屋の手前の路地を左に入ったつきあたり(要するに長崎屋B館となり)にあります。その名の通り、とんこつらーめんの店ですが、ここのおすすめは、ごまと焦がしニンニク油の入った七志らーめん。これがスープにコクを与え、香ばしさが何とも言えず絶品です。麺も、もちもちした太麺でボリュームがあります。

らいおん (調布)
調布駅北口を北方面に少し進み、右折してすぐ左手の天神通り(鬼太郎の像が目印)を入り、北方面に少し行った左手にあります。らいおんらーめんは、醤油ラーメンにごま油と刻みチャーシューをあえた白髪ネギが入った、いわゆるねぎラーメンです。味が濃いですが、うまいです。トッピングとして半熟の味玉もおすすめ。府中に本店がありますが、地元の方々に絶大な人気があるようです。

ばんかららーめん (立川)
立川北口を青梅方面に線路沿いに少し行ったところにあります。池袋に本店があるようです。夕飯時だったのので、ラーメン(ばんから)とねぎ豚めしをたのみました。ばんからは背脂がたくさん入った豚骨醤油と細目のちぢれ麺で、背脂がけっこうこってりしています。卓上にはニンニククラッシャーがあり、ニンニク無料です。

いちや (立川)
立川南口アレアレア2の3Fラーメンスクエアにある、がんこ系列の店。ラーメンスクエアの中ではいつも行列の店ですが、行った時にたまたま行列ができていなかったため、入ってみました。基本は醤油で、あっさり、まんなか、こってりの3種類があり、まんなかを頼んでみました。背脂入りの醤油スープもなかなかでしたが、固めのちぢれ細麺を一口食べると「ん、これは」と唸ってしまうおいしさ。やはり行列ができることだけのことはあります。

我聞 (立川) <閉店>
立川南口アレアレア2の3Fラーメンスクエアにある、河相我聞店主の店。ここは、おすすめメニューのえび味噌ラーメンは、ただの味噌スープ+海老ではなく、とんこつがベースになっています。この風味は、とんこつのものか、海老のものかは一瞬わからなくなりますが、意外とさっぱりしておいしいです。なお、私が食べた時はいませんでしたが、オープン時に見に行った時には我聞さん本人がいました。

麺 花蔵 (上野)
上野丸井の、ちょうど真後ろにあります。2005年2月にできた新店とのことですが、割と有名な「らーめん涌井」の姉妹店のようです。一見豚骨醤油のようですが、豚骨臭はあまりなく、あっさりしたスープです。麺は柔らかめの細麺。この近辺もラーメン激戦区になっているようです。

津気屋 (立川) <閉店>
立川南口アレアレア2の3Fラーメンスクエアにある、トンコツラーメンの店。おすすめは津気屋ラーメンで、ここのスープはトンコツスープと魚介系スープのブレンドになっており、コクと風味のバランスがよいです。そのスープに、細麺がよく合っています。お昼時はライスが無料で、そのライスに辛し高菜とすりゴマをのせ、スープをかけてラーメン茶漬けにしろと書いてあったので、その通りにしたらおいしかったです。

菅家ラーメン (立川) <閉店>
立川南口アレアレア2の3Fラーメンスクエアにある、札幌ラーメンの店。ラーメンスクエア内の店では、ここが唯一聞いた事のある名前でしたので、一番最初に入ってみました。おすすめは、岩のりとネギがたくさん入った岡本ラーメン(塩)。あっさり味ですが鶏ガラの味がよく出ているスープで、私としては好きな味です。

たんぽぽ (京王堀之内) <閉店>
京王堀之内駅を出て右手の三和の入口を入らずに右手の道を行き、大通りにぶつかる手前のところにある、沖縄そばの店。ここは、「のぼり亭」というラーメン屋だったのが閉店し、オーナーが変わって2005年4月ごろオープンしました。何となく普通の沖縄そばよりも麺が細めのような気もしますが、スープと豚肉はなかなかいけます。

光麺 (台場)
お台場海浜公園または東京テレポート駅の近くの、デックス東京ビーチアイランドモール内、台場小香港にあります。池袋に本店がある有名店ですが、私が行った時は2時を過ぎていたせいか、行列はありませんでした。醤油スープの光麺と、豚骨スープの熟成光麺が人気です。私は8種類の具が全部乗った熟成光麺全部のせを食べましたが、ボリュームと味の両方が満足できました。

キリン食堂 (相模原)
相模原の、星が丘交差点近くにあります。昭和30年〜40年を思わせる、レトロな外観と内装。基本は、濃い目の色のスープの醤油ラーメン。和歌山の天然熟成再仕込み醤油を使用しているというそのスープは、なんと表現したら良いのか、今まで食べた事のない味です。塩味の潮ソバもあります。

支那そば きび (小川町)
都営地下鉄新宿線 小川町駅B6出口をでて、本郷通りを大手町方面に歩き1つ目の路地を左に曲がった先にあります。支那そばは、東京風の醤油と塩が選べます。他に、味噌・醤油だれのつけめんがあります。支那そばの醤油を食べましたが、あっさりして飽きのこない味です。

らーめん一(いち) (南大沢)
野猿街道沿い、分田上やラーメン二郎の通りをはさんで反対側の南大沢寄りにあります。メニューが色々ありますが、基本のラーメンに対し豚の角煮、チャーシュー、煮玉子、しらがねぎ、トロロのトッピングが組み合わさっています。おすすめは、角玉ねぎラーメン(角煮+煮卵+ねぎ)です。甘めの醤油スープに細麺の組み合わせ。これらの3軒は皆行列店で、この近辺はレベルが高い店が集まっています。

すみれ (新横浜)
新横浜ラーメン博物館内にある、札幌ラーメンの店。ラーメン博物館内では常に行列ができる一番人気の店で、他の店は並ばずすぐ入れる平日でも、ここは必ず行列ができます。ここで食べるのは、やはり味噌ラーメンでしょう。スープのラード層が湯気を閉じ込め、熱々のスープを最後まで味わうことができます。麺は、固めの縮れ麺で、濃厚スープによく合います。

春木屋 (新横浜) <閉店>
新横浜ラーメン博物館内にある、荻窪ラーメンの店。魚介系の醤油スープに縮れ麺。スープはどこかで味わったような、大勝軒を思わせる味です。おすすめのワンタンメンを食べましたが、スープの味とワンタンのとりあわせが、なかなかです。

支那そばや (新横浜)
新横浜ラーメン博物館内にある、本店がかの有名な店。スープを一口飲むと普通の醤油ラーメンとは全く違う繊細な味。デュラム粉を使っているという、まるで素麺のような細さのストレート細麺とのとりあわせは、他のラーメンとは一線を画すコンセプトに思えます。

山頭火 (川崎)
本店は旭川ですが、私が行ったのは川崎店。京急川崎駅を北側に出て、東京方面に行くとあります。山頭火のおすすめは塩ラーメンのようで、麺は細くて固めです。お昼のAセットにつくのは「ねぎめし」で、ねぎとカイワレ大根がご飯に乗っています。

ラーメンハウス かんちゃん (南大沢) <閉店>
多摩ニュータウン通りを京王堀之内から南大沢に向かう途中の、ラーメン花月の隣にあります。いつも、花月の方が人が入っていますが、食べてみると結構おいしいです。背脂の入った豚骨醤油のスープに、やや細目のちぢれ麺というとりあわせ。豚の角煮ラーメンがおすすめ。

魁龍 (新横浜) <閉店>
新横浜ラーメン博物館内にある、久留米ラーメンの店。博多ラーメンのような、豚骨スープに細麺の組み合わせで、スープは結構こってりしていておいしいです。店のおすすめの魁龍ラーメンは、大きめのチャーシューとワンタンが入っていて、この生姜味のワンタンもなかなかです。TVで見たのですが、本店のスープの大釜は開店以来一度も火を落とさず、継ぎ足し続けているというからすごいです。

井手商店 (新横浜) <閉店>
新横浜ラーメン博物館内にある、和歌山ラーメンの有名店。下記の「のりや」と同じく、細麺に豚骨醤油スープの組み合わせです。スープは、適度に豚骨の臭いがあり、最高のバランスです。博物館内の他の店も回るつもりで、ミニラーメンをたのんでしまったのですが、普通サイズでじっくり味わえば良かったと思いました。

のりや (東京)
東京駅八重洲口地下街の、「ラーメン激戦区 "東京編"」という怪しげな一角にある、和歌山ラーメンの有名店。乱暴な言い方をしてしまうと博多ラーメンに醤油が入ったような第一印象で、豚骨臭のするスープですが、食べてみると意外とあっさりして、博多ラーメンのような細麺とのとりあわせが最高です。このラーメン激戦区には他にむつみ屋、揚州商人といった有名どころも入っていますが、もう一回この店で食べてみたいです。

横濱家 (小平)/(八王子みなみ野)★
広い駐車場のある、ファミリーレストラン風のチェーン店ですが、ラーメンはまっとうな(?)家系ラーメンです。ファミレスだと思って入ったらメニューがラーメン主体で、実は家系だったというところでしょう。しかし、家系らしく脂多め、スープからめ、麺固めなどが選べます。味は普通の家系と変わりません。

たま家 (多摩センター)
多摩センター駅から北に進み、多摩ニュータウン通りに出たらひたすら東方面へ通り沿いに進むと、右手にあります。(結構遠いです。) 名前の通り家系ですが、本家と違いホウレン草が入っていないのと、麺が少し平べったいです。でも、スープはこってり目の豚骨醤油で、やはり家系だなと納得させられる味です。

あじまる (立川)
立川駅南口からすぐそばですが、場所がちょっとわかりにくいです。(結局見つからなかった経験あり) メニューの基本は中華そばで、量とトッピングのバリエーションなのですが、中華そばといってもスープは豚骨醤油です。でも、あまり豚骨臭くなく、辛過ぎてもいなく、それに何と言っても細目の麺がおいしいです。味玉も中まで味がしみていてなかなかです。

むつみ屋 (上溝)/(多摩センター)/(南大沢)★
相模線上溝駅から淵野辺駅方面へ約1km行ったところにあります。最近できたためか、きれいな店内。私は塩ラーメン、連れは春豊ラーメンを注文。塩ラーメンの方は、スープがこってりしていておいしかったです。麺は、普通の麺。春豊ラーメンは、同じ塩でもスープがあっさりめで、麺の色が普通の麺と違い白っぽく、何と言ってもこちらの麺の方がおいしいです。
<追記>多摩センターと南大沢にもオープンしました。急速にチェーン店化しているようです。みそラーメンの赤と白が週代わりになっており、私は白の方が好きです。

来集軒 (浅草)
国際通りの浅草ROXの反対側の、路地に少し入ったところにあります。普通のラーメン屋といった風情ですが、平日でも結構賑わっています。客層は地元の人っぽい方が多いですが、ガイドブックにも載っているため、一見さんと見受けられる方々もいます。このあたりの料亭と違い、一見さんお断りなんて野暮なことは言わないようです。(あたりまえ?) 醤油スープにちぢれ麺という、いかにも典型的な東京ラーメンですが、見た目よりもスープにコクがあり、もちもちした麺と良くあっています。

とんがら亭 (立川)
立川南口を出て、新宿方面にずーっとまっすぐ行った、代々木ゼミナールの手前にあります。とんがらラーメンを食べました。これは、カリカリにんにくとコーンとバターがトッピングされたとんこつ味のラーメンで、別にからいわけではありません。しかし、テーブルにあったとうがらしを入れてみようとしたら、入れすぎてしまったのは失敗しました。

万豚記 (武蔵中原) ★
八王子の万豚記が有名ですが、南武線武蔵中原駅のすぐそばにも最近オープンしました。アルカード武蔵中原の1Fです。2Fの紅虎餃子房と間違えないように。メニューは八王子と同じようであり、豚バラらーめんが定番メニューで、とんこつ塩味に豚バラ、その他もろもろのトッピング。でも、もうちょっとスープが熱いと良かった。ちなみに、そこは中国語が飛び交ってはいませんでした。
<追記>次に行った時は、女性の店員が中国語を話していました。

味乃やまびこ (相模原)
国道16号沿いにある、旭川ラーメンの店。スポーツショップフロンティアの駐車場の奥にこじんまりと店があるので、それを知らないと全くたどりつけません。ウッディーな店構えですが、中はせまく6席しかありません。しかし、店の外にもテーブルがあるので、雨が降っていなければ大丈夫です。とんこつ醤油に魚ダシ、固ゆでちぢれ麺の典型的な旭川系。

吉村家 (横浜)
ハムフェア@パシフィコ横浜の帰り、一番近そうな有名店に寄ろうかということで、家系総本山に行ってしまいました。横浜駅西口、そうてつジョイナスから出て真直ぐ繁華街を歩き、大通りに出たところにあります。すでに20人位の行列でしたが、30分ほど並んでカウンターに座ることができました。想像した通りのとんこつ醤油スープ。太麺がおいしかったです。カネボウフーズの吉村家のカップラーメンは、味をけっこう再現していると思います。

揚州商人 (立川)
立川駅北口出てすぐそばの線路沿いの路地を東京方面に向かうとあります。中は、中国の屋台の雰囲気(行った事ないけど)。ワンタン麺がおすすめメニューで、肉ぎっしりのワンタンと、麺、中華風スープのとりあわせがなかなかいけます。店とは全く関係ないのですが、夜は店までの路地がジャンキーな様相で、何人もの呼び込みに声をかけられました。

増戸大勝軒 (武蔵増戸)
JR五日市線武蔵増戸駅すぐそばですが、改札を出て踏み切りを渡る必要があります。鰹節が利いた醤油味で大変おいしいのですが、量が普通のラーメン屋の倍ぐらいあります。ワンタンメンをたのんだのですが、スープは飲みきれずに残してしまいました。昔食べた「めとき」の味もこのようだったのかと感慨にひたりました。

にんにくや (京王堀之内)
多摩ニュータウン通り、松が谷トンネルの近くにあります。夜しか開いていないのですが、開いている時間はいつも行列ができており、そんなにまでして並んで食べるものかと思っていました。ふと食べてみようと行ったところ、店の前に2人しか並んでいなかったのであきらめずに並んでたべてみると、「う、うまいじゃないか!」 テーブルの生にんにくを自分でクラッシュして自由に入れられるのですが、入れなくても絶品です。でも、他の客はみなカップルばかりでした。

特一富屋 (秋川)
秋川駅北口、五日市街道を越えたところにあります。豚骨とカツオ節のような味がまざった、今まで食べた事のない味のスープです。旭川ラーメンはこういう味だったのか。特一富屋とは関係ないですが、うちの近所の特一番がメニューにとんこつまであるのに、最近旭川ラーメンの看板を出したのは何だかなと思いました。

パワー軒 (立川)
多摩モノレール泉体育館前から、細い道をまっすぐ北東にむかうとあります。たまたま5時ごろ行ったためお客がだれもいませんでしたが、暖かく接客していただきました。醤油、塩、豚骨とそろっていますが、豚骨を食べたところ本格的な豚骨味でこってりしており、なかなかの味でした。

分田上 (南大沢) ★
野猿街道沿い、二郎八王子店のとなり。「わけたがみ」と呼びます。熊本ラーメンの店で、淵野辺にある大石家のお弟子さんが開いています。ウッド調のしゃれた店内に入ると、ご夫婦(?)で迎えてくれます。スープはとんこつなのにあっさりしていて、麺も丁度良い太さでたべやすく、おいしいラーメンです。テーブルのにんにくチップを入れると香ばしくてなかなかです。なお、チャーシューも今まで食べた店のなかでは一番おいしいと思いました。

八角堂 (京王堀之内) <閉店>
野猿街道にある、博多ラーメンの店。この店もスープがこってりして、とんこつの味がよく出ています。「ちょっとかためにして下さい」と注文しましたが、固さはそれでちょうどよかったです。外からはわかりませんが、中に入ると意外と広く、座敷までありました。なかなかおいしかったので、また来ようと思います。

麺くい亭 (京王堀之内) <閉店>
刻み玉ねぎと醤油スープの、八王子系。多摩ニュータウン通りマルカワの向いにあります。めんもスープも、みんみんラーメンに味が似ていると思いました。バラチャーシュー麺もありますが、普通のラーメンのチャーシュー(肩ロース)も柔らかくておいしいです。しかし、家から5分のところにこのようなラーメン屋さんがありながら、住んで5年以上も経つのに知らなかったのはなぜなんだろう。それは、外観がいかにも普通のラーメン屋さんだからでしょう。

ラーメン二郎 野猿八王子店 (南大沢) <京王堀之内へ移転>
野猿街道沿い、分田上となり。ほとんど饂飩かという位の太麺に、こってりスープ。ニューホープ軒に似て、おいしいです。煮たキャベツがまたラーメンを引き立てます。小と大があり、私は小をたのんだのですが、それでもかなり量が多く食べても食べてもなくなりません。うっかり大をたのむとよほど胃袋に自信がないと食べきれないかもしれません。サービスでにんにくを入れてくれ、これはこれでおいしいのですが、体調と要相談。私はよせばいいのに雨の中を南大沢駅から20分以上かけて歩いたため、疲れたせいかにんにく入りはつらかったです。なお関係ないですが二郎のとなりのサンクスで、みんみんラーメンのカップ麺を売っていたのにはたまげました。

鏡花 (立川) ★
多摩モノレール立川南駅の近く。店に入るとそこは異次元空間のようで、とても文章では雰囲気を伝えられず、これは実際に行ってもらうしかないでしょう。○○豚想麺(豚系スープ)なるものを注文したのですが、どこかで食べたようなスープの味。しかし思い出せません。鶏系の今昔鶏想麺もあり、豚想麺とはスープのみならず麺の種類が違うらしいです。おねえさんが「ごゆっくりお召し上がり下さい」とラーメンを出してくれるところがいいです。
<追記>その後、今昔鶏想麺を食べてみました。食券を出すと、「塩にしますか醤油にしますか」と聞かれます。最近塩を始めたようです。オーソドックスに醤油にしましたが、やはりそこらへんの醤油ラーメンと違い、繊細な味がします。

博多ラーメン まる一 (新小岩)
新小岩に用事があったので、寄ってみました。日曜日なので混んでいるかと思ったのですが、12前だったせいかすいていました。でも、出されたラーメンはいかにもこってりしていておいしそう。やはり、食べてもこってりでおいしかったです。めんは細めんですが、かためで注文した方がよいかと思います。テーブルのからし高菜を入れるのがおすすめ。

ニューホープ軒 (大塚・帝京大学) <閉店>
モノレールの大塚・帝京大学駅が最寄です。背脂たっぷりのとんこつ醤油スープに太麺で、なかなか食べ応えがあります。(おいしかった。) 家族連れが私の後に入ってきましたが、「うちのは脂っこいけど、脂を減らしますか?」と店主が聞いていました。初めての人には聞くらしい。なんで私には聞いてくれないんだ?でも、私はこってりしたスープが大好きなので、次はむしろ脂多めで注文してみたいです。

千人同心 (京王堀之内) <閉店>
最近オープンしたようです。ここは、刻み玉ねぎがのった、八王子系。メニューは醤油ラーメンしかありませんが、チャーシュー、味玉、最強のり、ネギ、メンマがトッピングできます。私は味玉と最強のり入りをたのんだことがありますが、どんぶりを囲むようにのりがたくさん入って来ました。醤油ラーメンですが、スープはこくがあっておいしかったです。

蔵々亭 (秋葉原)
秋葉原に平日行った時、いつも混雑している九州じゃんがららあめんが平日ならすいているだろうと思って行ったところやはり行列だったため、仕方なく駅の近くのラーメン屋を探したら、ちょうどガード下に喜多方ラーメンの店があったので入ってみました。私は喜多方ラーメンも結構好きで、会津若松出張の折には必ずおみやげで買ってきます。この店のラーメンも、しっかり喜多方ラーメンでした。あまり混んでいませんでしたが、割とおいしいです。場所は、山手線ガード下、かつてロケットアマチュア無線本館があった場所の道路をはさんだ反対側です。

スタミナラーメン (京王堀之内) <閉店>
ラーメン本には、まずのっていないと思われますが、私は好きです。ここのメインは、やはりスタミナラーメンで、ニラ、ニンニクが入った辛味のあるラーメンです。このニンニクたっぷりがなかなか良いです。

ニンニクげんこつラーメン花月 (南大沢)
チェーン店ですが、結構人気があります。(すくなくとも隣のラーメンハウスかんちゃんより人が入っている。) 以前は別のラーメン店だったのですが、最近花月に変わりました。ニンニクげんこつラーメンは、こってりしていてなかなかおいしいです。

ちりめん亭 多摩センター店 (多摩センター) <閉店>
丘の上Patioにありますが、チェーン店のようです。細めんと太めんが選べますが、どちらも店の名前の通りちぢれ麺です。塩ラーメンがあっさりしていて、麺とマッチしてお勧めです。

博多ラーメンふくちゃん 南大沢店 (南大沢) <閉店>
イトーヨーカドーのレストラン街にある博多ラーメンの店。いつも混んでおり、休日には行列ができます。平日の空いている時に食べましたが、ふつうの博多ラーメンといったところです。7のつく日には、ゆで玉子食べ放題のサービスがあります。

みんみんラーメン (八王子楢原)
刻み玉ねぎがのった、いわゆる八王子系の代表的な店。八王子駅からかなり遠いにもかかわらず行列ができる有名店ですが、私が行った時は平日のオープン直後の時間帯のため、空いていました。バラチャーシュー麺をたのみましたが、スープも麺もチャーシューも結構おいしかったです。

峰来軒 (唐木田)
地元では人気の店で、いつ行っても行列ができています。しかし、なぜか日曜日が定休のため、食べる機会が少ない、私にとって幻の店。基本的に中華の店なので、メニューは色々とりそろっています。私なんぞは初めて行った時いきなり広東めんを注文してしまいましたが、やはりおいしかったです。

西海 (多摩センター)
駅から離れていてわかりにくいのですが、結構人気があるようです。九州ラーメンで、具にアオサ(のりの一種)が入っており、これがスープとマッチしてなかなかです。角煮ラーメンの各煮は、八角の香りがして好きな人にはいけるのですが、八角が苦手な人は頼まない方が良いと思います。

ぶぶか (京王堀之内) <閉店>
多摩ニュータウン通り沿いに「さぬき民芸」という、うどん専門ファミレスがあり、よく利用していたのですが、突然閉店し「ぶぶか」に変わりました。油そばを初めてこの店で食べました。結構おいしかったです。しかし、しばらくして回転寿司に変わってしまいました。「ぶぶか」が吉祥寺に本店があり、結構有名だということを知ったのは、閉店後だいぶたってからでした。

飛騨の高山らーめん (新百合ヶ丘) <閉店>
新百合ヶ丘南口エルミロード(イトーヨーカドー)の飲食店街にある、ふつうのラーメン店ですが、私はこの「高山ラーメン」のスープの独特の味わいが大好きで、何度も食べました。最近行っていませんが、確か普通の2倍ぐらいの量のメニューもあったような気がします。

めとき (新大久保)
もう20年ぐらい前、大学に通っていた頃によく通った店で、今でもあります。ラーメン本にのることはないのですが、ラーメンフリークには結構有名らしいです。大勝軒の系列らしく、量が多いです。大学時代はよくワンタンメンを注文しましたが、量が多いので満腹になる前に大急ぎで食べる必要があり、口の中を熱い思いをしながら食べたものでした。

正華飯店 (浅草)
子供のころ、浅草に出かけた時はよくここで食事をとりました。五目ラーメンを食べた記憶があります。いわゆる「中華料理」の店で、最近は中華まんが人気らしいです。

天下一品 多摩ニュータウン店 (京王堀之内) ★
京都に本店があるチェーン店。以前ここはくるまやラーメンだったのですが、閉鎖されたと思ったら天一に変わっていました。あっさりとこってりがありますが、やはりこってりを頼むべきでしょう。あっさりも、そんなにまずくはないですが。 こってりはスープが個性的というか、どろどろしていて「ポタージュ」などと表現する人もいます。鶏をベースに野菜を煮込んだものらしいです。ただし、最初こってりを食べると大抵の人は「なんだこりゃ?」と思ってしまい、「もう二度と食べたくない」と思う人もいます。しかし、「あのスープは何だったんだろう?」と思ってそれを確かめに何度も足を運ぶうち、このスープにはまってしまいます。(うちのカミさんがそうでした。) スープを飲み干すと、どんぶりに「明日もお待ちしています」の文字が出て、「よーし、明日も来てやろうじゃないか」と思ってしまったりします。

私の家の近くにも、ラーメン本にのっていながらまだまだ行ったことのない店がたくさんありますが、行き次第上記のリストに追加しようと思います。


ホームに戻る 駄文集に戻る 先頭に戻る